フラット35借り換えをする予定のある方に

でもやっぱり、未来は家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。
あくまでも新築や中古物件を購入するためにあるので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。
この為、いくら費用を準備しなければならないのか?これを明確にした上で申請する必要があります。
またもしもこのような借入れが発覚した場合、中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。
既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので今後、後悔のない選択をしていきましょう。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保険会社は各銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
フラット35は最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
フラット35でも同様です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

フラット35借り換えの審査はどう?長期固定低金利!【通りやすいの?】