住宅ローンを無担保で借りるには?

高額な借金をする際に、自宅を担保にすることがありますが、住宅ローンを無担保で組むことも可能なようです。
金融機関が指定する保証会社は、融資対象物件に対して第一順位の抵当権を設定するという方法を取ります。
手に入れたマイホームそのものが担保となります。
住宅ローンを返済できなくなった場合、保証会社は抵当権を実行して不動産を差し押さえ、競売にかけるなどして資金を回収します。
なお、担保設定手続きには、印紙税、保証料、火災保険料などの諸費用がかかります。
また、「無担保住宅ローン」という商品もありますが、これは住宅の新築以外に、増改築やリフォームをする際にも利用できる住宅ローンです。
ただ、融資額が低いのが特徴です。