生命保険は相続対策に最適?

資産家で多額の相続税がかかってしまう可能性のある人は生命保険で相続に備えることが有効です。
特に、不動産や非上場株式などが資産の大半であるような人は、生命保険金で納税資金を確保することが重要になります。
しかも、高齢になって相続税のことが心配になってからでは、加入できなかったり、保険料が高額になったりしますので、若い時から長期の契約をしておくことが有効であると言えます。
保険金には税務面のメリットもあって、5百万円に法定相続人の人数をかけた金額は相続財産から差し引かれて非課税になります。
例えば、配偶者と子供2人の場合には法定相続人は3人ですので、1千5百万円の保険金は非課税になります。
このような税務面のメリットもありますので、健康で若い間に生命保険に加入しておくことが得策であると言われています。
納税資金が確保できなければ、不動産を物納するような事態になって、相続で財産を失ってしまう場合もありますから注意したいものです。