光インターネットが遅くなってしまう原因は?

光インターネットが遅くなる理由のひとつに回線の状況があります。
光インターネットの回線は、基地局から利用者宅までを1本の回線でつなぐ「占有型」と1本の回線を複数の利用者で利用する「共有型」があります。
共有型は低コストですが、利用者のアクセスが集中すると通信速度が落ちてしまいます。
又、回線以外にも、利用者宅内のLAN環境でも速度は変ります。
ハブを使って何台ものパソコンに接続すると、どうしても速度は低下してしまいます。
又、ハブやLANケーブルがADSL時代の10BASE、100BASEのものだとそれ以上の速度は出ません。
パソコンのLANポートも、ギガビット対応でなければ意味がありません。
理想の改善策はパソコンとONUをギガビット対応のLANケーブルで直結することです。
http://xn--eckucmux0ukc9300b.skr.jp/